お菓子作りのプロを目指す|製菓専門学校で実践的な技術と知識を学ぶ

勉学

お菓子作りの専門学校

タルト

お菓子を食べることが好き、という人は数多くいるはずです。その中には、自身でお菓子を作って食べるという人もいるでしょう。自身でお菓子を作っている人というのは、次第にお菓子作りが趣味になってくるものです。もし、お菓子作りが趣味となった人の中で、お菓子作りに関する仕事に就きたいと考えている人がいるのであれば、製菓専門学校について調べてみることをお勧めします。製菓専門学校というのは、お菓子作りに関わる様々な専門的な勉強や、本格的な実習を学ぶことが可能です。また、製菓専門学校は幾つかの学科に分かれており、それぞれの学科では将来なりたい職業に合わせた知識や技術を身に付けることができるでしょう。
成果専門学校で選択することのできる学科はパティシエクラス、ブーランジェクラス、製菓クラス、ダブルライセンスクラスの四種となっています。その内、パティシエクラスとブーランジェクラスは二年制、製菓クラスとダブルライセンスクラスは一年生とされています。それら全ての学科では、多彩なジャンルのお菓子作りを専門の先生から学ぶことが可能です。専門の先生というのは、高い技術と抱負の知識を有しており、熱心な指導を行ってくれるでしょう。専門の先生から学ぶことのできるお菓子のジャンルは、大きく洋菓子・和菓子・製パンの三種です。そして、それらのお菓子作りについて実践的な経験を積んでいくことができる他、そのお菓子がなぜ美味しくなるのかといった理論的観点から学んでいくことができるでしょう。つまり、お菓子作りについてより深く理解していくことが可能で、より美味しいお菓子やパンを創っていくことができるようになるのです。

選べるクラス

ケーキ

製菓専門学校における二年制の学科というのは、第一学年は統一して製菓技術マネジメント学科とよばれ第二学年でパティシエクラスとブーランジェクラスの二つに分かれます。自身の目的に合ったクラスを選びましょう。

製菓衛生本科について

パティシエ

製菓専門学校における一年制の学科として、製菓衛生本科と呼ばれる学科が存在します。製菓衛生本科は、パティシエやブーランジェを最短で目指すためのコースとなっているのです。

追加で選べるコース

菓子作り

一年制である製菓衛生本科では、その一年が終わった後に更にもう一年学ぶといった選択肢が存在します。もう一年、製菓専門学校で学ぶ場合、フランス留学コースとダブルライセンスコースのどちらかを選ぶことができるでしょう。