お菓子作りのプロを目指す|製菓専門学校で実践的な技術と知識を学ぶ

学生

選べるクラス

ケーキ

製菓専門学校にある学科の内、製菓技術マネジメント学科というのはお菓子作りのプロを目指す人に最適な学科となっています。ここでは、その学科がどういった学科なのかを知っていきましょう。製菓専門学校におけるこの学科は二年制の学科となっており、第一学年ではお菓子作りにおける全ジャンルの基礎について学びます。お菓子作りの基礎では、実習や理論、教養の三つの観点から学習を行い、第二学年での学習カリキュラムに備えます。第二学年の学習カリキュラムでは、第一学年で学んだ基礎技術を反復しその技術料を更に高めます。実習の時間も一年次に比べ多くなり、理論や教養の授業の内容も科学的な見地からお菓子作りを理解することができるでしょう。最終的には、国家資格である製菓衛生士の受験資格を得ることができます。
この専門学校の製菓技術マネジメント学科では、第二学年に上がる際にパティシエクラスとブーランジェクラスのどちらかを選ぶことが可能です。パティシエクラスというのは伝統的な洋菓子を中心に、和菓子や製パン等の全ジャンルのお菓子作りを学んでいきます。このクラスでは、先程挙げた通り第一学年で学んだ内容について反復し、応用することでお菓子作りの技術を完成させます。また、開業する際に役立つ知識についても学ぶことができるため、専門学校卒業後、将来的に自身の店を開業したいと考えている人には最適なクラスです。ブーランジェクラスについては、パティシエクラスと違ってパン作りのみを専門的に学んでいきます。高度な技術と専門性を手に入れることができるため、パン職人を目指しているのであればブーランジェクラスを選択しましょう。