お菓子作りのプロを目指す|製菓専門学校で実践的な技術と知識を学ぶ

学生

製菓衛生本科について

パティシエ

製菓専門学校における製菓衛生士本科というのは、一年間集中してお菓子作りの基礎について徹底して学ぶことのできるクラスです。パティシエやブーランジェを最短で目指したいといった人向けの学科となっており、洋菓子や和菓子、製パン、チョコレート、飴細工、マジパン細工など幅広いジャンルのお菓子作りについて学ぶことができます。製菓専門学校のこの学科では取得できる資格については、衛生士国家資格受験資格を得ることが可能です。
製菓衛生士本科におけるお菓子作りの実習では、計る・絞る・伸ばす等の基礎技術について実践的に学び、それを繰り返すレッスンを行います。実習の他には、理論や教養に関する科目を学ぶことになるでしょう。製菓専門学校における製菓衛生士本科の実習科目では、基礎技術の習得に加え個人スキルの向上を重視しています。自身でお菓子作りの工程を組み、その手順や必要となる材料の確認、その他工程をグループで行っていくのです。時間内にお菓子を作るというのは、プロを目指す上で必須事項でしょう。理論に関する科目では、伝統のお菓子から最新のお菓子まで、その作り方を専門の先生が詳しく解説してくれます。材料自体の特徴や配合、成功の秘訣、生地やクリームの応用、お菓子の由来や文化背景など多岐に渡る知識を身に付けることができるでしょう。次に、教養についての科目では、衛生や栄養、食品の特性等のお菓子作りのプロとなる上で必要不可欠な知識について学んでいきます。それら三つの科目は深くリンクしており、それについてよく理解することでプロのパティシエやパン職人になれるのです。また、製菓専門学校における製菓衛生本科では、卒業後に更に一年追加してフランス留学コースかダブルライセンスコースに入ることができます。